読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山高きが故に尊からず

どんなに見掛けが良くても、内容が伴わなければ立派なものではない。外観よりも実質が大切であることの喩え。また、見掛けだけで判断してはならないという戒(いまし)め。

ノアとヴォクシーとのデザインの違いについて

自動車

f:id:greenteajp:20161204183331j:plain

 

ミドルサイズミニバンが先日フルモデルチェンジしました。
「トヨタ・ノア」です。
今回のフルモデルチェンジの目玉は、何と言ってもハイブリッドモデルが追加された点です。
ハイブリッドは1.8リッターエンジンでプリウスと同じです。

これは少し遅れて間もなく販売されます。
ガソリンエンジンは2.0リッターエンジンで従来のモデルと同じですが、新型ノアにはアイドリングストップ機能が追加され燃費向上が図られています。
ライバルの「ニッサン・セレナ」や「ホンダステップ・ワゴン」にはハイブリッドがないのでたぶん人気が出ると思います。 

また今回の新型は兄弟車である「ヴォクシー」とフロントグリルのデザインが多少異なっています。
先代まではほとんど同じようなデザインでしたが、新型は差別化を図っています。
また今はカローラ店でノア、ネッツ店でヴォクシーを販売していますが今後トヨタ店とトヨペット店でも兄弟車を販売する計画があるそうです。
トヨタはまだ発表していませんが。

気になるのが今はやりの衝突防止装置がオプションでも装着できないことです。
最近は軽自動車でも装着されていますし、これはぜひ欲しい装備の一つだと思います。
今後の小変更などで追加されると思いますが。