山高きが故に尊からず

どんなに見掛けが良くても、内容が伴わなければ立派なものではない。外観よりも実質が大切であることの喩え。また、見掛けだけで判断してはならないという戒(いまし)め。

葉酸サプリが果たす妊娠中の健康維持と男性にも良い理由

f:id:greenteajp:20161219191840j:plain

 

妊婦がほうれん草やレバー、苺などから直接葉酸を必要量全部補うのは実際のところ現実的ではなく、その時に遠慮なく頼りたいのがサプリメントです。
妊娠初期に目標にしたい摂取量は。最低400μgと言われているので、ほぼ半量をサプリメントでカバーするだけでも、妊婦の心身共に負担が減って、乱れがちな体内の栄養バランスも整えやすくなります。

特に妊娠初期の8週目までは、お腹の胎児の正常な細胞分裂に葉酸の力は欠かせず、健康な血液を作り出すのにも貢献してくれます。
妊娠中はなるべく豊富に体内に貯蓄する意味でも、妊娠前から200μg程度の摂取を心掛け、受胎すれば必ず400μgの摂取は欠かさないようにするのが重要です。

ですので、妊娠前から授乳期まで長い期間キーになる栄養素の一種である葉酸は、無理なく継続できる価格帯で、自らの味覚の嗜好にマッチしたサプリメントを選ぶのが望ましいでしょう。
また、自分の母体の事だけでなく、新たに生まれる胎児の健康も配慮し、なるべく余計な成分を排除した無添加・天然成分の材料で作られたサプリだと尚理想的です。
更に葉酸にプラスアルファして、鉄分やカルシウム・ビタミンなども補助的に体内に満たせる商品を選ぶと、より健康体の赤ちゃんを産めるメリットもあるので、サプリの購入時は是非頭に入れておきたいポイントです。

最近は女性だけでなく、パートナーの男性もサプリを積極的に飲むと、精子の染色体異常の防止に働きかけ、良質で健康な精子を生成する効果があると認知されてきています。
もし不妊で悩んでいる人は、パートナーと一緒に飲める葉酸サプリのセット商品を購入し、目安として3か月間続けてみると良い結果を得られる可能性もあります。