読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山高きが故に尊からず

どんなに見掛けが良くても、内容が伴わなければ立派なものではない。外観よりも実質が大切であることの喩え。また、見掛けだけで判断してはならないという戒(いまし)め。

高校時代のおかずが缶詰とミカンだった件。

料理

f:id:greenteajp:20170123205859j:plain

高校時代の話になるのですが、昼休みの弁当の時間の出来事でした。
いつもと変わらず、友達と弁当を食べようとしていた時に一枚の画用紙ほどのサイズの紙がくるくるに巻かれて、弁当の風呂敷の中に入ってました。
なにが書いてあるのかと、思えば朝から母親と喧嘩したようで、ママを怒らせるとどうなるかわからないわよとの、手紙とともにママドコモダケと書かれている絵が入ってました。

嫌な予感は見事にあたり、弁当箱を開けてみると二段ボックスのおかずの箱には、魚の缶詰がそのまま入っており、ご飯のボックスをあけると、ただの白ご飯が。
それと家もミカン農家ということもありミカンが一つ。
友達とその時は大爆笑で、今でも鮮明に覚えてます。
とにかく面白かったので、携帯で写真を撮りました。

時間は流れ12月の修学旅行でのこと。
東京での自由行動の時、制服を着ていたこともあり修学旅行生?とのテレビのインタビューが。どんな時に携帯で写真を撮りますか?とのインタビューに、なにか面白い事があった時や、綺麗な景色を見た時に撮りますとの回答をし、何かが思い出の写メがあればとの事で、友達の弁当が缶詰と白ご飯とミカンの時の写メを見せました。
当時、放送されたかは見れなかったのですが、思わず笑ってしまったエピソードになります。