山高きが故に尊からず

どんなに見掛けが良くても、内容が伴わなければ立派なものではない。外観よりも実質が大切であることの喩え。また、見掛けだけで判断してはならないという戒(いまし)め。

遺産を受け継ぎたくない場合は相続放棄できる。

f:id:greenteajp:20170205142513j:plain

遺産といえば、現金や不動産といったプラスの財産のイメージがあります。
ところが、実際には負の財産が少なからずあるものです。
例えばローン支払い中の車であれば、車は財産ですが、ローンは負の財産です。
遺産相続は、プラスもマイナスもすべて受け継ぐのが基本であり、財産だけ受け継いで借金は受け継がない、というような都合の良いことはできません。


プラスの財産のほうが多ければ良いですが、時にはマイナスのほうが多い場合もあります。
めぼしい財産は一切なく、多額の借金だけを残して死んでしまった、という場合、相続すれば遺族が借金だけを背負うことになります。
このような場合、権利を放棄をすることで、財産を一切受け継がないことができます。

ほかには、例えば妻と子供がいるとして、妻にすべての遺産を相続させたい、というような場合に子供だけが放棄の手続きをすることがあります。
放棄は、死亡してからから3ヶ月以内に行わなければなりません。
非常に短い期間しかありませんので注意しましょう。

 

放棄に必要な書類は、裁判所のホームページからダウンロードできる申述書や戸籍謄本などで、用意するのにそれほど手間はかかりません。
しかし、家族が亡くなった直後は何かと多忙になりますので、スムーズに進めたいなら弁護士に依頼するのが一番でしょう。

 

参考:遺産相続

 

遺産相続でもらえる遺産の割合は?

f:id:greenteajp:20180220153254j:plain

 

遺産相続においては現金を相続するケースが特に多いかと思いますけど、相続する割合っていうのが決まっています。
これは相続人として誰がいるか?というパターン次第な部分もありますけど、一般的なケースでは配偶者と子どもというパターンになりそうです。

 

配偶者と子どもは相続人としての典型例だと思いますが、このケースだとそういった割合で遺産の相続が行われるのでしょうか。
この2人が相続人のケースでは、配偶者が全体の半分の金額を相続します。

 

そして、残りを子どもが遺産を相続するという形になるのです。
配偶者は常に相続分の半分にあたる金額を、そして子どもは残りですから、同じく半分を相続するということになります。

 

ただし、子どもが2人以上いる場合にはその全体の半分にあたる金額を子どもの人数で割ります。
つまり、子どもが2人いると、全体の4分の1に当たる金額をそれぞれの子どもが相続するということになるのです。

 

子どもが1人ならば配偶者と同額の金額ということになりますけど、2人以上いると、どんどん金額が下がってしまうのです。
これが遺産相続で行われる典型的な相続の割合のパターンかな?と思いますから、事前に知っておくとトラブルが起きづらいのではないでしょうか?