山高きが故に尊からず

どんなに見掛けが良くても、内容が伴わなければ立派なものではない。外観よりも実質が大切であることの喩え。また、見掛けだけで判断してはならないという戒(いまし)め。

遺産を受け継ぎたくない場合は相続放棄できる。

f:id:greenteajp:20170205142513j:plain

遺産といえば、現金や不動産といったプラスの財産のイメージがあります。
ところが、実際には負の財産が少なからずあるものです。
例えばローン支払い中の車であれば、車は財産ですが、ローンは負の財産です。
遺産相続は、プラスもマイナスもすべて受け継ぐのが基本であり、財産だけ受け継いで借金は受け継がない、というような都合の良いことはできません。


プラスの財産のほうが多ければ良いですが、時にはマイナスのほうが多い場合もあります。
めぼしい財産は一切なく、多額の借金だけを残して死んでしまった、という場合、相続すれば遺族が借金だけを背負うことになります。
このような場合、権利を放棄をすることで、財産を一切受け継がないことができます。

ほかには、例えば妻と子供がいるとして、妻にすべての遺産を相続させたい、というような場合に子供だけが放棄の手続きをすることがあります。
放棄は、死亡してからから3ヶ月以内に行わなければなりません。
非常に短い期間しかありませんので注意しましょう。

 

放棄に必要な書類は、裁判所のホームページからダウンロードできる申述書や戸籍謄本などで、用意するのにそれほど手間はかかりません。
しかし、家族が亡くなった直後は何かと多忙になりますので、スムーズに進めたいなら弁護士に依頼するのが一番でしょう。

 

参考:遺産相続

 

遺産相続でもらえる遺産の割合は?

f:id:greenteajp:20180220153254j:plain

 

遺産相続においては現金を相続するケースが特に多いかと思いますけど、相続する割合っていうのが決まっています。
これは相続人として誰がいるか?というパターン次第な部分もありますけど、一般的なケースでは配偶者と子どもというパターンになりそうです。

 

配偶者と子どもは相続人としての典型例だと思いますが、このケースだとそういった割合で遺産の相続が行われるのでしょうか。
この2人が相続人のケースでは、配偶者が全体の半分の金額を相続します。

 

そして、残りを子どもが遺産を相続するという形になるのです。
配偶者は常に相続分の半分にあたる金額を、そして子どもは残りですから、同じく半分を相続するということになります。

 

ただし、子どもが2人以上いる場合にはその全体の半分にあたる金額を子どもの人数で割ります。
つまり、子どもが2人いると、全体の4分の1に当たる金額をそれぞれの子どもが相続するということになるのです。

 

子どもが1人ならば配偶者と同額の金額ということになりますけど、2人以上いると、どんどん金額が下がってしまうのです。
これが遺産相続で行われる典型的な相続の割合のパターンかな?と思いますから、事前に知っておくとトラブルが起きづらいのではないでしょうか?

 

人形コレクターなら創作ビスクドールは追求するべき対象です。

f:id:greenteajp:20170506131742j:plain

自分が必要としてる物、それは大事な物であったり大切な物など考え方は様々ではあります。
自分が欲しいと願う物に囲まれ生活を送れることは満たされた気持ちにもなれ、また豊かさの現れでもあります。
必要なことは、欲しい物を欲しいがまま手に入れ数を増やすことではありません。


コレクターならそれも有りかもしれませんが、ただ数よりも質というコレクターも少なくないはずです。
そしてアンティークに魅了され行き着いた先はビスクドールという創作人形です。

ギリシャのローマ時代から始まり、14世紀後半頃にフランスで洋服を着せる等身大の人形が流行りとして宮廷婦人に広まりました。
19世紀頃にフランスとドイツでビスクドール工房ができ全盛期となりますが、今では骨董的な価値も持つほど魅力あるドールとして人気があるようです。

コレクターだけに留まらないその人気の理由は何度も申しますが、魅了されるその容姿。
ビスクドールといっても種類は豊富にあり、中にはまるで生きてるかのような感覚にも襲われてしまうほどです。

そして顔に近づけば瞳の美しさ、特に何かを物語るような瞳と表情は惹きつけられてしまうほどです。
ビスクドールには独特の世界観があり、見てるだけでその世界観に没頭することでしょう。

作り物と理解してても、それでも尚その表情に魅了されるのは、美を追求して創作しているからこそ感じられること、コレクターなら追及したい人形ではないでしょうか。
現代のものなら、こちらのサイトの作品が好きですね。

参考:「創作人形ビスクドール

 

フィナンシャルプランナーと初面談。今後の投資運用が楽しみです。

f:id:greenteajp:20170203185705j:plain

今日はフィナンシャルプランナーの方と、ホテルの喫茶店で個人面談をしてきました。
私が相談したかったことは、主に3つありました。

1つめは、私の年収やライフスタイルに合った投資とはどのようなものなのかということ。
2つめは、給与明細や源泉徴収票の読み方。
3つめは、現在加入している保険に無駄はないのかということです。

面談は1時間半くらいでしたが、担当の方は非常に親身になって話を聞いてくださいました。
そして、今やっている財形貯蓄の何割かを投資に回すこと、確定拠出年金については外国株式の割合を増やすこと、保険についてはもっと条件の良いものがたくさんあるので乗り換えることを勧められました。
また、源泉徴収票の読み方も教えてもらいました。

今回は初めての面談だったので、その場で契約書にサインしたり、保険を乗り換えたりするようなことはしませんでした。
次回以降、私の年収等に合った金融商品や保険を紹介してもらう予定です。

今まで、源泉徴収票の読み方や生命保険の契約内容がよく分からず、投資にも手を出していませんでした。
しかし、プロのフィナンシャルプランナーの方からアドバイスを頂くことで、家計や保険を見直そう!というモチベーションが上がり、とても有意義でした。
次回の面談も楽しみです。

 

定年退職後も豊かな生活を続けていくには。

f:id:greenteajp:20170131181924j:plain

昔なら、経済学者が実際に会社を経営して倒産させたら意外に思う人が多かったようですが、今ではそれは当たり前のことで、逆にうまくいく場合の方が珍しいことだと言われます。
経営には確かに知識も必要でしょうが、それよりも寧ろ、知恵や勇気の方が重要だということの証だと思われます。
私の知人にも、独立して起業した人は何人かいますが、会社が存続している経営者たちに共通しているのは、やはり思い切った行動ができることだと思います。

ではそういうことができない人はサラリーマンのままでいいのかというと、決してそうではありません。
その会社を退く日が、必ずやってくるからです。
会社から言われるがままに仕事をこなし、その日が来るのをただじっと待っているだけでは、貧困老人としての暗い未来が待っているだけです。

そして定年退職後も豊かな生活を続けていくには、インターネットを始めとするIT技術と無縁であるわけにはいかないでしょう。
定年まであと5年に迫った私は、今まで曲がりなりにもIT業界で飯を食ってきました。

未だにプログラミングなど、手を動かす仕事をやっていますが、このことは幸運だったと思えるようになってきました。
目の前の仕事をきっちりとこなしていくことが、明るい未来に繋がると確信しています。

 

給与より退職金の税金が優遇されている理由。

f:id:greenteajp:20170127174650j:plain

先日所得税について学びました。
その中でも印象的だったのが給与と退職所得です。
会社に勤めている方であれば、退職金制度があるかないかというのは就業規則に定められていると思います。
実は、この退職金というのは、所得税を納める上でかなり有利なものなのです。

給与所得というのは給与を103万円を超えて得ている人であれば、必ず所得税を納めないといけません。
しかしながら、退職金というのは、ケースバイケースですが、一時的に100万円や200万円、1000万円もらっても税金を納めないで良いというケースがあります。
退職金というのは1年会社に勤めるごとに40万円の控除が受けられます。
さらに20年目からは1年ごとに70万円の控除となります。

簡単な例で説明すると、退職金が100万円もらえるとします。
勤続年数が3年でした。所得控除額は3年×40万円で120万円となるので、100万円-120万円=-20万円、マイナスの場合は0円になるので、退職金にかかる税金は0円になります。
つまり、100万円がまるまるもらえることになります。
これが給与でしたら、所得税やら、社会保険料やらでなんだかんだ20%くらいは、引かれてしまい、手取りは80万円程度となります。

そう考えると、退職金というのは、かなり優遇されていることがわかります。
それもそのはず。
退職金というのは、基本的に老後の蓄えであったり、今まで働いてきた人に対してのねぎらいの気持ちがあります。

こういったものから税金を徴収するというのは、本来あるべきではないという考え方があるので退職所得は優遇されています。
このように退職金制度というのは実はものすごく従業員にとって、メリットのある制度です。
自分の会社が退職金があるかないかということは、こういった視点でも見てみると非常に興味がわいてくるはずです。

 

古いアパート暮らしでコタツ以外の暖房器具はありません。寒いです。

f:id:greenteajp:20170125214027j:plain

ここ最近一段と寒さが強まってきた感じがします。
ほんと、昨年の年末は日中に18℃もあったので焦っていたのに、ここ最近は10℃くらいまでしか上がりません。
特に、朝晩になりますとマイナスになることもあるようです。

昨日仕事終わりの方とラインをしていたのですが、たしか夜の1時くらいだっと思います。
車の温度計がマイナスを指しているよと言っていました。
ここ最近ではマイナスなんて見ていなかったので焦りました。
ちなみに、ここから私の家の紹介に少しなるのですが、私の家は会社の持っている古いアパートの一室です。

しかも、ほぼ暖房器具がありません。
あると言えば、こたつがあるくらいです。
それ以外の暖房器具は一切ありません。
ストーブも暖房もありません。

ちなみに、寒い日では5℃を下回ることもあります。
そんな家で暮らしているものですがら、毎日が極寒です。
と言ってもやはり九州ではありますので、そこそこ暖かいのかなと思ったりもしています。

東北や北海道に比べれば全然そんなことはないでしょう。
そんな感じでここ数日は生活を送っています。
出来ればもう少し暖かくなって欲しいかなと思ったりもしますが、そこは半ばあきらめています。
というのも、寒いのが嫌いと言うわけではありませんので。

 

高校時代のおかずが缶詰とミカンだった件。

f:id:greenteajp:20170123205859j:plain

高校時代の話になるのですが、昼休みの弁当の時間の出来事でした。
いつもと変わらず、友達と弁当を食べようとしていた時に一枚の画用紙ほどのサイズの紙がくるくるに巻かれて、弁当の風呂敷の中に入ってました。
なにが書いてあるのかと、思えば朝から母親と喧嘩したようで、ママを怒らせるとどうなるかわからないわよとの、手紙とともにママドコモダケと書かれている絵が入ってました。

嫌な予感は見事にあたり、弁当箱を開けてみると二段ボックスのおかずの箱には、魚の缶詰がそのまま入っており、ご飯のボックスをあけると、ただの白ご飯が。
それと家もミカン農家ということもありミカンが一つ。
友達とその時は大爆笑で、今でも鮮明に覚えてます。
とにかく面白かったので、携帯で写真を撮りました。

時間は流れ12月の修学旅行でのこと。
東京での自由行動の時、制服を着ていたこともあり修学旅行生?とのテレビのインタビューが。どんな時に携帯で写真を撮りますか?とのインタビューに、なにか面白い事があった時や、綺麗な景色を見た時に撮りますとの回答をし、何かが思い出の写メがあればとの事で、友達の弁当が缶詰と白ご飯とミカンの時の写メを見せました。
当時、放送されたかは見れなかったのですが、思わず笑ってしまったエピソードになります。