山高きが故に尊からず

どんなに見掛けが良くても、内容が伴わなければ立派なものではない。外観よりも実質が大切であることの喩え。また、見掛けだけで判断してはならないという戒(いまし)め。

人形コレクターなら創作ビスクドールは追求するべき対象です。

f:id:greenteajp:20170506131742j:plain

自分が必要としてる物、それは大事な物であったり大切な物など考え方は様々ではあります。
自分が欲しいと願う物に囲まれ生活を送れることは満たされた気持ちにもなれ、また豊かさの現れでもあります。
必要なことは、欲しい物を欲しいがまま手に入れ数を増やすことではありません。

続きを読む

広島カープの今村猛の2017年シーズンについて。

f:id:greenteajp:20170206194703j:plain

私は広島カープの今村猛投手の高校時代からのファンです。
一時期はワールドベースボールクラシックの日本代表に選ばれるほどの活躍を見せていましたが、2014年シーズン当初から失点することが多くなり、すぐに2軍落ちしてしまいました。
2015年もほとんど2軍暮らしで、2軍戦でも登板なしという状態が続いていたのでかなり心配していました。
もう今村猛投手の高校時代の元オリックスバッファローズの古川投手のように静かに引退するのではないかと不安になりました。

そして2016年シーズンが始まり、セットアッパーとして1軍戦に出てきたときには本当にほっとしました。
しかし4月、5月頃までは不安定な投球が続き、先発投手の早い回での降板の時、または点差が離れたイニングでの登板など首脳陣の信頼を勝ち取ることはできませんでした。

6月頃、黒田投手の降板の後を継いで投げたあたりから、少し安定するようになり、7月からは7回に登板するという形ができあがってきました。
今村猛投手はあまり投げないフォークのほかにはストレートとスライダーしかないだけに球質の重さに左右されます。

今村猛投手の顔を見てもわかるように明らかに体重を意識的に重くして、球質を重くしたことが良い結果につながったと思います。
2017年シーズンはすでにキャンプインしていますが、今村猛投手に不足しているストップの球、チェンジアップまたはシンカーなどをマスターしてもらい投球の幅を広げてもらいたい。そうすればあの糸を引くようなストレートがかなり活きてくると思います。

 

遺産を受け継ぎたくない場合は相続放棄できる。

f:id:greenteajp:20170205142513j:plain

遺産といえば、現金や不動産といったプラスの財産のイメージがあります。
ところが、実際には負の財産が少なからずあるものです。
例えばローン支払い中の車であれば、車は財産ですが、ローンは負の財産です。
遺産相続は、プラスもマイナスもすべて受け継ぐのが基本であり、財産だけ受け継いで借金は受け継がない、というような都合の良いことはできません。

続きを読む

フィナンシャルプランナーと初面談。今後の投資運用が楽しみです。

f:id:greenteajp:20170203185705j:plain

今日はフィナンシャルプランナーの方と、ホテルの喫茶店で個人面談をしてきました。
私が相談したかったことは、主に3つありました。

1つめは、私の年収やライフスタイルに合った投資とはどのようなものなのかということ。
2つめは、給与明細や源泉徴収票の読み方。
3つめは、現在加入している保険に無駄はないのかということです。

面談は1時間半くらいでしたが、担当の方は非常に親身になって話を聞いてくださいました。
そして、今やっている財形貯蓄の何割かを投資に回すこと、確定拠出年金については外国株式の割合を増やすこと、保険についてはもっと条件の良いものがたくさんあるので乗り換えることを勧められました。
また、源泉徴収票の読み方も教えてもらいました。

今回は初めての面談だったので、その場で契約書にサインしたり、保険を乗り換えたりするようなことはしませんでした。
次回以降、私の年収等に合った金融商品や保険を紹介してもらう予定です。

今まで、源泉徴収票の読み方や生命保険の契約内容がよく分からず、投資にも手を出していませんでした。
しかし、プロのフィナンシャルプランナーの方からアドバイスを頂くことで、家計や保険を見直そう!というモチベーションが上がり、とても有意義でした。
次回の面談も楽しみです。

 

定年退職後も豊かな生活を続けていくには。

f:id:greenteajp:20170131181924j:plain

昔なら、経済学者が実際に会社を経営して倒産させたら意外に思う人が多かったようですが、今ではそれは当たり前のことで、逆にうまくいく場合の方が珍しいことだと言われます。
経営には確かに知識も必要でしょうが、それよりも寧ろ、知恵や勇気の方が重要だということの証だと思われます。
私の知人にも、独立して起業した人は何人かいますが、会社が存続している経営者たちに共通しているのは、やはり思い切った行動ができることだと思います。

ではそういうことができない人はサラリーマンのままでいいのかというと、決してそうではありません。
その会社を退く日が、必ずやってくるからです。
会社から言われるがままに仕事をこなし、その日が来るのをただじっと待っているだけでは、貧困老人としての暗い未来が待っているだけです。

そして定年退職後も豊かな生活を続けていくには、インターネットを始めとするIT技術と無縁であるわけにはいかないでしょう。
定年まであと5年に迫った私は、今まで曲がりなりにもIT業界で飯を食ってきました。

未だにプログラミングなど、手を動かす仕事をやっていますが、このことは幸運だったと思えるようになってきました。
目の前の仕事をきっちりとこなしていくことが、明るい未来に繋がると確信しています。

 

サッカー日本代表、インテルの長友佑都選手。

f:id:greenteajp:20170129163640j:plain

サッカー日本代表である長友佑都選手について書きたいと思います。

サッカー選手としては小柄な体格ではありますが、馬力があり相手DFを抜き去る脚力があると思います。
2010年の南アフリカワールドカップでは、対戦相手の危険なパスを予測して、対戦相手の攻撃を何度もシャットダウンしました。
走っても他の選手から比べて衰えないスタミナがあると思います。

2011年のアジアカップでは、準決勝の韓国戦で相手DFの裏を取り、アシストに繋げました。
当時は、一風変わったDFという事で新風をチームに与えました。

DFでありながら、後方から攻撃参加をして、点を取る事もあります。
そこらへんは、非常に面白いDFだと思います。

2010年の南アフリカワールドカップでブレイクして、その後イタリアのチェゼーナに移籍をします。
すごいですよね。

2011年には、あのビッグクラブである「インテル」に移籍をします。
新聞では、「長友は歴史を作った。」と記載をしていました。
さらに、すごいですね。

インテルとは4年間契約でしたが、2年延長されて6年契約です。
これも、すごいですね。

長友佑都選手は、本のイメージキャラクターやテレビの車のCMにも出ています。
すごいですね。

人間力もあり頼もしい人物だと思います。
最近は、アジア最終予選には出ているのでしょうか?
2014年のブラジルワールドカップでは、見せ場がなくて残念でした。
平愛梨さんとの婚約も報道されていますが、本当でしょうか?テレビ局は、そこらへんは嘘も多いと思うので、嘘か誠か定かではありません。

 

給与より退職金の税金が優遇されている理由。

f:id:greenteajp:20170127174650j:plain

先日所得税について学びました。
その中でも印象的だったのが給与と退職所得です。
会社に勤めている方であれば、退職金制度があるかないかというのは就業規則に定められていると思います。
実は、この退職金というのは、所得税を納める上でかなり有利なものなのです。

給与所得というのは給与を103万円を超えて得ている人であれば、必ず所得税を納めないといけません。
しかしながら、退職金というのは、ケースバイケースですが、一時的に100万円や200万円、1000万円もらっても税金を納めないで良いというケースがあります。
退職金というのは1年会社に勤めるごとに40万円の控除が受けられます。
さらに20年目からは1年ごとに70万円の控除となります。

簡単な例で説明すると、退職金が100万円もらえるとします。
勤続年数が3年でした。所得控除額は3年×40万円で120万円となるので、100万円-120万円=-20万円、マイナスの場合は0円になるので、退職金にかかる税金は0円になります。
つまり、100万円がまるまるもらえることになります。
これが給与でしたら、所得税やら、社会保険料やらでなんだかんだ20%くらいは、引かれてしまい、手取りは80万円程度となります。

そう考えると、退職金というのは、かなり優遇されていることがわかります。
それもそのはず。
退職金というのは、基本的に老後の蓄えであったり、今まで働いてきた人に対してのねぎらいの気持ちがあります。

こういったものから税金を徴収するというのは、本来あるべきではないという考え方があるので退職所得は優遇されています。
このように退職金制度というのは実はものすごく従業員にとって、メリットのある制度です。
自分の会社が退職金があるかないかということは、こういった視点でも見てみると非常に興味がわいてくるはずです。